関智一がドラマ出演!キャスティングで声優をなぜ?その理由を追究!

関智一のドラマ出演はなぜ? エンタメ

ドラえもんのスネ夫役でも有名な人気声優・関智一(せき ともかず)さんがテレ朝のドラマ『桜の塔』に出演することが決まりましたね。

かつては声優と言えば、アニメに声をあてるだけで顔出しをしない職業でした。最近になって、「鬼滅の刃」のブームなどもあり、声優がバラエティ番組などに少し出てくるようになりましたが、やはり声優が有名俳優達と共にゴールデンタイムのドラマに出る印象はまだまだありませんでした。

しかし今回、今までの常識を超えて、声優のゴールデンタイム帯のドラマ出演が決まりました。

ついに実現した声優のドラマ出演には、いったいどのような背景があるのでしょうか。今回は、その気になる背景(理由)についてまとめてみました。

Sponsored Link

関智一のプロフィール

関智一がドラマ出演!プロフィール

引用:atomicmonkey.jp

まず、気になる背景の前に、今回ドラマ出演を決めた関智一さんがどのような人かを見ていきましょう。今では知る人も数多といる、声優界ではベテランの大物声優です。

生年月日: 1972年9月8日
血液型: AB型
出身地: 東京都江東区深川
所属事務所: アトミックモンキー
代表作
機動武闘伝Gガンダム(ドモン・カッシュ)
新世紀エヴァンゲリオン(鈴原トウジ)
PSYCHO-PASS サイコパス(狡噛慎也)
のだめカンタービレ(千秋真一)
Fate/stay night(ギルガメッシュ)
ドラえもん(骨川スネ夫)
フルメタル・パニック!(相良宗介)
機動戦士ガンダムSEED(イザーク・ジュール)
GIANT KILLING(達海猛)
カードキャプターさくら(木之本桃矢)
妖怪ウォッチ(ウィスパー)

関智一さんの所属事務所のアトミックモンキーは、あの有名アニメ「銀魂」の坂田銀時役で有名な杉田智和さんも所属している事務所です。

デビュー作は海外アニメ『レポーター・ブルース』(1991年)の農夫役の吹き替えで、初のレギュラーを務めた作品は『機動戦士Vガンダム』のトマーシュ・マサリク役だそうです。

そして、なんといっても関智一さんを一躍有名にした出世作は、主役のドモン・カッシュ役を務めた『機動武闘伝Gガンダム』です。この『起動武闘伝Gガンダム』とドモン・カッシュには関智一さん自身にも深い思い入れがあるらしく、自宅のトイレにはキャラクターデザインを担当した逢坂浩司さんから貰ったドモンが写った絵を飾っているようです。

声優業の他にも、模型のモデラーをやったり、模型専門雑誌『月刊モデルグラフィックス』や『電撃ホビーマガジン』で連載ページを持ったり、ラジオでパーソナリティをやったりと多岐にわたり活躍しているそうです。

皆さんお馴染みの有名作品などで度々名前を見かけたりしますが、関智一さんの演技力は毎回凄いと思います。担当された役はどれもしっくりきて、さすがベテランのプロ声優といった感じです。

声優・関智一のテレ朝のドラマ出演が決まった理由

それではいよいよ、声優・関智一さんのテレ朝のドラマ出演が決定した背景についてです。

まず、単刀直入に言いますと、関智一さんが今回のドラマにキャスティングされた理由について明確に述べている情報はどこにも見当たりませんでした。しかし、「これが理由ではないか」と思い当たる節があります。なぜなら、今回のドラマは”テレビ朝日が放送する”からです。

ということで、関智一さんがテレ朝のドラマにキャスティングされた理由について考えられることをまとめてみました。

「テレビ朝日」の最近の取り組みが関係している?

テレビ東京の最近の取り組み

今回の関智一さんのドラマ出演の背景の1つには、まずはここ最近のテレビ朝日の取り組みが関係していると考えられます。具体的には、”サブカルチャーに関係する番組を様々な分野で放送する”という取り組みです。

なぜこのように考えられるか、これから説明していきます。まず、近年の日本ではサブカルチャーが主要文化の1つとして浸透してきました。これにより、最近はサブカルチャーのコンテンツやそれらに関する情報の需要が高くなってきています。これにより、サブカルチャーに関係する番組を放送すると、視聴率が稼げる可能性があります。

その例として、最近のテレビ朝日では、例えば「ガリベンガーV」という”Vtuber”を起用した番組であったり、他にも「お願い!ランキング」や「ゲームズ・ボンド」、「ブイ子のバズっちゃいな!」など、サブカルチャーのコンテンツを特集する番組が複数放送されています。また、今期にもまた新しく「声優パーク建設計画VR部」という、お笑いコンビ「ペコパ」と声優・関智一がMCを務める番組が始まりました。この手の番組は東京MXを除いては、大手のテレビ局ではテレビ朝日が最も充実しているように見えます。

ここで、声優はサブカルチャーを支える重要な職業であり、声優の露出が増えてきた今、声優はサブカルチャーを代表する顔の1つになってきました。したがって、サブカルチャーのコンテンツの需要が高くなっている現在、その顔と言える声優を起用することで視聴率を狙える可能性が出てくると考えられます。

以上が、最近のテレビ朝日の取り組みが、関智一さんのドラマ出演の背景の1つにあると考えた理由です。テレビ朝日も、サブカルチャーの人気の流れに積極的に乗っていこうと考えているのかも知れません。

関智一とテレビ朝日に強い繋がりが?

関智一とテレビ朝日の繋がり

実は、テレビ朝日が放送しているサブカルチャー関連の番組では、関智一さんがレギュラーを務めている番組がいくつかあります。

例えば、上でも挙げた「お願い!ランキング」や新番組「声優パーク建設計画VR部」では番組MCを務めています。このように、最近はテレビ朝日において関智一さんの活躍を見れる機会が増えてきました。

何かの番組をきっかけに関智一さんとテレビ朝日のスタッフが仲良くなったのでしょうか、それとも、関智一さんの所属事務所とテレビ朝日に強いつながりが出来たのでしょうか。そこら辺の真相は分かりませんが、関智一さんは知名度もさることながらメディア慣れもしているので、バラエティ番組での活躍も大いに期待できたのかも知れません。

そして、関智一さんは今まで様々な有名作品で様々な役をこなしてきただけあって、その演技力には定評があります。知名度に加え、その高い演技力が評価されて、関智一さんの今回のドラマ出演が決まったのかも知れません。

関智一さんの演技や声が好きだという人もどうやら多いようで、ドラマでもどのような演技を見せてくれるのか楽しみなところです。新ドラマ『桜の塔』が楽しみですね。

Sponsored Link

まとめ

今回は、声優・関智一さんののドラマ出演に際して、関智一さんがキャスティングされた背景に注目してきました。

そのキャスティングの理由としては、テレビ朝日が今サブカルチャーの番組や声優の出演を増やしていること、また、関智一さんの高い演技力が評価されたことなどが考えられました。

声優業に留まらず、バラエティ番組のMCもこなし、更にはドラマ出演まで果たすとは関智一さんは凄いですね。新ドラマでの活躍も楽しみです。

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました