きほんひとりの大学や年収は?神谷昭彦と同一人物?

んそめ 大学 インフルエンサー

家族とののんびりとした生活を発信している日常系Youtuber「きほんひとり」。

母親と障害を持つ弟2人の4人で日々ゆったりと生活しているようです。

助手(仮)
助手(仮)

きほんひとりさんは無職であることを公表されているので、収入源について気になりますよね。

今回は、きほんひとりさんの出身大学、出身高校、収入、神谷昭彦さんとの同一人物説についてまとめてみました。

スポンサーリンク

きほんひとりの大学は?

まずはきほんひとりさんの出身大学に迫っていきましょう。

出身大学の名前はわかりませんでしたが、Youtubeにアップされている動画できほんひとりさんの大学生活についての情報を見つけました!

助手2(仮)
助手2(仮)

動画の前半部分で大学について話されていますね!

こちらの動画で分かった出身大学についての情報は以下の通りです。

・4年制の大学

・学生寮がある

・ワンダーフォーゲル部に入っていた

現在きほんひとりさんは静岡県浜松市に住んでいるそうですので、その周辺地域の大学に通っていた可能性が高いです。

また調べたところ、静岡県の静岡大学静岡キャンパスにはワンダーフォーゲル部があります。

学生寮もあるようなので、もしかするときほんひとりさんは静岡大学静岡キャンパスに通っていたかもしれませんね!

スポンサーリンク

きほんひとりの高校は?

つづいて、きほんひとりさんの出身高校に迫っていきましょう。

残念ですが出身高校の名前は公表されていませんでした。

助手(仮)
助手(仮)

きほんひとりさんの動画は日常をそのまま動画にしたような内容のものが多いですから、なかなか話す機会がないのかもしれませんね。

そこで、現在分かっているきほんひとりさんの周辺情報から、出身高校の候補を考えてみました!

きほんひとりさんは静岡県浜松市在住のYoutuberです。

母子家庭であることや弟2人が障害を持って生まれたことから、引っ越しをするとは考えにくいため、出身高校は浜松市内ではないでしょうか?

また家庭環境を考慮すると、私立高校ではなく公立高校に通う可能性が高いと考えました。

助手2(仮)
助手2(仮)

ということは、きほんひとりさんの出身高校は「浜松市内の公立高校」に絞られそうですね!

浜松市内の公立高校は全部で18校あります。

専門学科のみの学校を抜いた場合、きほんひとりさんの出身高校として以下の14校が考えられます。

静岡県立天竜高等学校

静岡県立天竜高等学校 春野校舎

静岡県立浜北西高等学校

静岡県立浜名高等学校

静岡県立浜松江之島高等学校

静岡県立浜松大平台高等学校

静岡県立浜松北高等学校

静岡県立浜松湖東高等学校

静岡県立浜松湖北高等学校 佐久間分校

浜松市立高等学校

静岡県立浜松西高等学校

静岡県立浜松東高等学校

静岡県立浜松湖南高等学校

静岡県立浜松南高等学校

出身高校については今後のきほんひとりさんの動画で公表されるかもしれませんね!

きほんひとりの年収は?

ここからはきほんひとりさんの年収に迫っていきましょう。

まず、きほんひとりさんは自身が無職であることと、収入について動画内で公表されています。

動画内で説明されていた収入をまとめるとこのようになります。

・不動産収入…10万

・母親の年金…10万

・弟2人の障がい者年金…14万(1人7万)

合計 月34万円

助手(仮)
助手(仮)

年収にすると408万円ほどの収入があるんですね。

きほんひとりさんは収入に対して「贅沢しなかったら生活できるような状態ですね」と話されていました。

これに加えてYoutubeからの収益が加わると考えると、そこまで困窮した生活は送っていないのではないでしょうか?

きほんひとりと神谷昭彦は同一人物?

ここからは、きほんひとりさんと神谷昭彦さんの同一人物説に迫っていきましょう。

調査したところ、神谷昭彦というのはきほんひとりさんの本名であると考えられているようです。

助手2(仮)
助手2(仮)

この説が出たのにはそういう理由があったんですね!

しかし、住んでいる地域と本名までバレているのはなかなか恐ろしいのではないでしょうか…。

動画内やSNSで公表されている様子は見られなかったので、同一人物説の真相は分かりません。

しかし、浜松市に住んでいる神谷昭彦さんについての情報は見つけましたので、きほんひとりさんと同一人物であってもおかしくはないと考えました。

まとめ

今回は、きほんひとりさんの出身大学、出身高校、収入、神谷昭彦さんとの同一人物説についてまとめてきました。

自身に関する詳しい情報はほとんど発信していない様子でしたね。

収入については仕事に就かなくても困っていないようなので、これからものんびりとした生活を送っていけることを願っています。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました