甘狼このみの中の人や前世は?プロフィールについても詳しく!

甘狼このみ 中の人 前世 インフルエンサー

クリエイターVtuberとして最近人気急上昇中のVtuber「甘狼このみ」。

自身のバーチャルな肉体を自分で作成しており、なかなか可愛らしいゆるふわな感じの見た目をしています。

助手(仮)
助手(仮)

クリエイターとしての能力が高そうな甘狼このみさんですが、前世はどんな感じだったのでしょうか。

今回は、気になる甘狼このみさんの中の人や前世についてまとめてみました。

スポンサーリンク

甘狼このみの前世や中の人は?

甘狼このみさんの前世中の人は、いったいどの様な人なのでしょうか。

前世や中の人についてはまだ情報が見つかりませんでしたが、現在推定される年齢から幾つかの予想が思い浮かびます。

まず、甘狼このみさんの声を聞いてみるととても若々しいことから、恐らく年齢は20代ではないかと予想されます。

そうすると、考えられる前世は大きく2つあります。

1つ目は、現在学生であるということです。

甘狼このみさんは将来の夢に「プロのイラストレーター」と語っていましたが、声の感じからしてまだ若いです。

なので、もしかしたら現在は学生で、空いた時間にVtuber活動をしつつ、プロのイラストレータを目指している可能性もありそうです。

助手2(仮)
助手2(仮)

甘狼このみさんには、いずれプロのイラストレーターになる夢を叶えて欲しいですね。

2つ目は、もし現在学生でないとしたら、フリーのイラストレーターの候補者ということです。

現在、甘狼このみさん個人勢として活動しており、更に平日に朝活配信もしていることから、恐らく現在は企業勤務の傍らというよりフリーランスで活動している可能性がありそうです。

助手(仮)
助手(仮)

ほぼ毎日配信をしていることからも、イラストレーターを目指す傍ら、Vtuberとして活躍しようとしている様子が伺えますよね。

また、プロのイラストレーターになるには、大きく分けて2つの方法があると言われています。

1つはフリーランスのイラストレーターとして働く、もう1つは、企業に就職して会社員のイラストレーターとして働くという方法です。

なので、もしVtuberを続けながらイラストレーターをするなら、恐らく時間に縛られないフリーランスを目指すと考えられます。

助手(仮)
助手(仮)

いずれにしても、甘狼このみさんのバーチャルな身体を見ると、現時点でイラストレーターとして上手だと思いました。

スポンサーリンク

甘狼このみのプロフィール!

ここでは、甘狼このみさんのプロフィールについて見ていこうと思います。

名前:甘狼このみ

誕生日:2月14日(バレンタイン)

年齢:2歳くらい

身長:155cm(耳とヒール込みで)

好きな食べ物:チョコレート

備考:狼人間である

甘狼このみさんのプロフィールについては、先程の紹介した自己紹介動画や以下の1問1答形式の自己紹介動画で語られています。

誕生日は、なんとバレンタインと同じ2月14日だそうです。

助手(仮)
助手(仮)

誕生日が覚えやすくて良いですね(笑)

好きな食べ物にチョコレートと語っていましたが、誕生日がバレンタインと同じ日であることと何か関係があるのでしょうか?

甘狼このみさんは自身の自己紹介動画の中で、「バレンタインはチョコレートがいっぱい食べられる日なので大好き」と語っていました。

バレンタインの日にチョコレートを沢山貰うということは、沢山のお友達と義理チョコを交換していたか、誕生日プレゼントにチョコレートを沢山貰っていたのかも知れないですね。

助手2(仮)
助手2(仮)

もしそうだとしたら、甘狼このみさんは社交的な人なのかも知れないですね。

甘狼このみさんはほぼ毎日配信しているので、現在の仕事はVtuberを本業として活動している可能性がありそうですね。

甘狼このみさんの凄いところは、Vtuberの身体のイラストも自分で作成し、いわゆるパパもママも全て自分であるという点です。

現在、Vtuberは沢山存在していて人気になることが難しいという話もありますが、甘狼このみさんには今後ぜひ活躍して、プロイラストレーターになる夢を叶えて欲しいと思います。

まとめ

今回は、クリエイターVtuberとして最近人気急上昇中のVtuber”甘狼このみ”さんの前世や中の人についてまとめてきました。

前世や中の人の情報はまだ見つかりませんでしたが、イラストが上手いので、イラスト関係の学生だったかも知れないですね。

将来の夢に「プロのイラストレーターになること」と語っていましたが、自分で作成したVtuberのイラストはかなり上手です。

今後は活躍して、ぜひプロのイラストレーターになる夢を叶えて欲しいですね。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました